開運配置法

開運配置法

<龍>

 

龍は古代より最強の力をもち、国家の守り神としてあがめられてきた伝説の神獣です。

 

中国の天地創造神話に登場する創造神「伏義」や、その妹であり妻でもある女神「女?」も人頭蛇身で、龍の原型といわれています。

 

爪の数や体の色によって種類やランクがあり、風水においては爪が3本〜4本の金色の龍をよく飾ります。

 

5本爪の龍のモチーフは皇帝しか使用してはいけない高貴な存在で、それ以外通常は3本爪か4本爪の龍のモチーフを使用します。

 

ちなみに、日本の伝統的な龍の彫刻や絵などでは3本爪として描かれています。

 

龍の置物は凶方位に置けばこれを化殺し、吉方位に置けば吉祥を強める万能アイテムです。

 

ですので、吉方位にも凶方位にもどちらに置いても良いのですが、中でも良いとされるのは、家族が集まるリビングか玄関の青龍方に置くことです。

 

家が白虎殺になっている場合、白虎の力をおさえて青龍の方向を強化するために金色の龍の置物を置きます。

 

場所の都合で置き場がない場合は、絵や彫刻の写真でも良いでしょう。

 

いずれの場合も、龍の頭は外を睨むように置いてください。

 

また龍は水を好みますので、龍の置物の口元に水の入った小杯を置いたり、水辺や水が見える場所に置いたりすると良いでしょう。

 

龍は珠を好みますので、水晶の珠を手に持たせたり、龍の前方に水晶の珠を置いたりします。

 

この時、珠が大きすぎるまたは小さすぎるなど、龍の大きさとのバランスにも気をつけてください。

 

注意点は、干支の対極に当たる戌(犬)の置物と並べて置かないこと、寝室やトイレには置かないことです。

 

 

 

 

<麒麟>

 

応龍の子孫といわれ、麒麟からすべての獣が産まれたという伝説の獣の王です。

 

雄を麒、雌を麟と呼びます。

 

胴は鹿に似ていますが魚の鱗があり、背中には黄色の毛が生えています。

 

午の脚と牛の尾をもち、頭に角が生えているといわれています。

 

たいへん聡明であらゆる言語を理解し、高貴にして仁義をわきまえた温和な聖獣ですが、敵に対してはとても勇敢で、火を吐き強大なパワーを発揮するといわれています。

 

優れた天子や貴人が現れる時、この世に降り立つといわれている吉祥の前兆獣です。

 

化殺に対して非常に効果的であるといわれています。

 

槍殺などの家の形状による凶殺が見える窓辺や、その年ごとの二黒、五黄、三殺などの流年凶方位に雌雄一対で置きます。

 

また、居間など家族が集まるところに置けば家族を邪気から守り、吉祥をもたらすといわれていますし、泥棒よけとして侵入しやすそうな窓辺に置くようにします。

 

 

 

 

<貔貅>

 

「西遊記」の物語の中にも登場し、三国志の時代には戦場の軍旗にも描かれた、邪を蹴散らすといわれる勇敢で獰猛な豹に似た伝説上の瑞獣です。

 

雄が貔、雌が貅と呼ばれ、雄の貔には羽がありますが、雌の貅には羽はありません。

 

勇敢で獰猛な獣であることから、本来の使用法としては開運避邪となります。

 

五黄殺などあらゆる殺を化殺することができますので、殺のある方位に置くと良いでしょう。

 

本来、雌雄一対で置くのが良いですが、なければ雄だけでもかまいません。

 

また、金を食物とするという貔貅には、肛門がないことから金を腹に貯めこむといわれており、現代においては財運向上の強力なアイテムとしてもよく使用されます。

 

ボーナス的な金運、勝負運がアップし、予期せぬ収入やギャンブル運などを与えてくれるといわれ、本命卦や流年による財位の方位の部屋の入り口、または玄関から対極に当たる位置の入り口や窓辺に対して頭を外に向けておきます。

 

置くときは、同じく金運向上に繋がるといわれる黄水晶や五帝古銭を貔貅の体に巻いたり、貔貅は眠たがり屋であるといわれていることから首に鈴をつけてたまに鳴らして起こしたりすると良いとされています。

 

銅製、金メッキで大きいものほど効果があるといわれています。

 

胎内が空洞のものは、中に金運向上の霊符や小さい古銭を入れ、赤いフェルトで蓋をするとさらに効果的であるといわれています。

 

 

<亀龍>

 

体が亀で頭が龍の形をしている瑞獣で、龍の仲間です。

 

龍の攻めと亀の守りという攻防一体の型をとる、吉祥を呼び護国をつかさどる瑞獣で、労働収入による活発な運気やビジネスチャンスの運を向上させてくれるといわれています。

 

財方や金庫、レジの上などお金に関係する場所に置きます。

 

胎内が空洞のものは、財運向上用の霊符と古銭などを入れて、赤いフェルトで蓋をしておくとさらに効果的であるといわれています。

 

置く向きは特に関係ありません。

 

契約をとりにいくような営業の人向きであるとされています。

 

 

 


HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ