交換機能

交換機能

お金は、いろいろなものに交換できる便利な道具です。

 

お金を持っていれば、重たいお米を引きずらなくても、簡単に何とでも交換することができます。

 

しかし、交換するときには注意が必要です。

 

自分の欲しいものと何でも交換できますが、一度交換したらもう一度同じものと交換できるわけではありません。

 

例えば、あなたは新車を購入したとします。

 

一週間後、やはり車はいらないと思っても、購入したときと同じ値段で交換してくれるところはないでしょう。

 

それは、車に一度も乗っていなくてもです。

 

なぜなら、その車は「新車」ではなく「新古車」という扱いになるからです。

 

このように、お金には「交換は一回まで」というルールがあります。

 

このルールがあることにより、多くの人はお金を別のものと交換する際には恐怖を感じ、慎重になります。

 

一度何かに交換してしまったら、その価値がぐっと下がってしまうからです。

 

もちろん、この原則をうまく使っている人も大勢います。

 

例えば、あなたが新しい鏡を買ったとします。

 

しかし、自分が思っていたよりも大きく、置場に困ってしまうのでやはりいらないと思ったとします。

 

そのいらないと思ったものを、購入した時と同じ値段で交換してくれる人はいないでしょう。

 

そこで、あなたはこの鏡にかわいいアレンジを施します。

 

材料費を安く抑えながらも、オリジナルのデコレーション鏡ができあがります。

 

すると、購入した時のままでは交換してもらえなかったものが、付加価値をつけることで購入した時と同じ値段もしくはそれ以上の値段で交換できることもあるのです。
この感覚が身についていると、交換する際の恐怖感も少しは楽になるかもしれません。

 

交換することの楽しささえも感じるかもしれません。

 

 

お金は交換することなしに何の喜びも生み出しません。

 

多くの人は、この矛盾に気付かないままお金を大事に持ったまま死んでいきます。

 

 

お金持ちになるには、絶えず、払うお金より価値のあるものと手持ちのお金を交換し続けることです。

 

一生を通じて、自分のお金よりも価値のあるものと交換し続けていれば、気付かぬうちに資産は増えていることでしょう。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ