株って何?

株って何?

そもそも株とはどういったものなのでしょうか?

 

株は会社が資金を集めるための手段になります。

 

物を買うときと同じですね。

 

会社が株という商品を売っていて、あなたがその商品を買うことになります。

 

株が売れたらその分会社のお金が増えることになるので、会社は資金を手に入れることができます。

 

ただ、普通の物を買ったときはそこで取引が完結しますが、株は違います。

 

株を買うということは、その会社のオーナーになるわけです。

 

もし、1株だけ買ったとしたら、その会社が発行している株の総数のうち、1株分だけその会社のオーナーになることができます。

 

このようにして株を買った人は株主となり、株主総会という重要な事項を決定する会議に出席して会社の経営に関わることができるようになるのです。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ