不動産投資

不動産投資

不動産投資とは?

皆さんもご存じかと思いますが、不動産投資とは、マンションの1室やアパート、マンション1棟を所有し、他人に貸し出すことでその家賃収入を得るという投資方法です。「不動産賃貸業」という立派なビジネスになります。不動産を購入することができれば、その後はサラリーマンのように毎日働かなくても自動的に収入が入って...

≫続きを読む

2つの不動産投資

不動産投資には、大きく分けて2つあります。1つは、不動産そのものを所有し、そのまま貸し出すことで家賃収入を得る現物投資と呼ばれるものです。こちらは、一般的に不動産投資といわれると想像するほうになると思います。もう1つは、REITと呼ばれる不動産投資信託によって、配当を得るものになります。REITは投...

≫続きを読む

不動産投資の儲け方

他の投資でもそうですが、利益にはインカムゲインとキャピタルゲインという2つがあります。インカムゲインとは、所有することによって定期的に入ってくる利益のことで、不動産投資では家賃収入のことを指します。(株では配当のことを指します。)通常、不動産投資はこのインカムゲインを得る目的で行います。キャピタルゲ...

≫続きを読む

減価償却費

建物は、老朽化することによって年々その価値が下がっていくと考えられます。そこで、その下落した分を毎年経費として計上することを減価償却といいます。不動産を購入した時にかかったお金は、購入した時に全額経費になるのではなく、その資産の使用可能期間の全期間にわたり分割して経費として計上することになります。こ...

≫続きを読む

利回り

利回りには、2つの考え方があります。表面利回りと実質利回りです。表面利回りとは、経費など何も考えずに、単純に年間の家賃収入を物件取得価格で割ったものになります。これに対し、実質利回りは年間の家賃収入から購入時や年間の経費を引いて物件取得価格で割るもので、実際の収入を考える時は、この実質利回りで考える...

≫続きを読む

出口戦略とは

不動産投資においては、よく出口戦略という言葉が使われます。これは、不動産を購入する前から、古くなった時にどうするかを考えておくことです。購入してから何年も経ち、その時の値段で売却するのか、持ち続けるのか、建て替えるのか解体するのかといったようなことです。その時にならないとわからない、ともいえますが、...

≫続きを読む

所有形式

不動産を購入しようと思った場合、2つの所有形式があります。それは、個人所有か法人所有かです。法人で不動産を持つことの最大のメリットは、節税といえます。収益の多い不動産ほど法人で所有したほうが節税効果が大きくなります。法人所有にした場合、オーナーは法人からの給与という形で家賃収入による利益を得ることに...

≫続きを読む

相続対策としての不動産

節税効果を期待しての不動産所有は、相続の時にも役立ちます。投資用で不動産を所有している場合、「小規模宅地等の評価減の特例」というものを適用することができます。条件を満たすことができれば、土地の評価を最大で80%下げることができるというものです。また、土地と建物の割合で評価を下げることもできます。建物...

≫続きを読む

不動産の分散投資

投資を行う際には、分散投資が基本になります。1つダメになった時に全部ダメになってしまうような投資はするなということですね。少しでも生き残る方法が必要になります。不動産における分散投資は、用途、地域、築年数によって行うことができます。用途ですが、マンションの他に商業店舗や駐車場などが考えられます。また...

≫続きを読む


HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ