生命保険の代わりになる

生命保険の代わりになる

銀行から融資を受けて不動産投資を行う場合、「団体信用生命保険」というものに加入することになります。

 

これは、もし債務者が死んでしまったり病気になったりしてローンの支払いができなくなった時、生命保険会社が代わりに支払ってくれるというものです。

 

生命保険に加入している人は多いと思いますが、団体信用生命保険は通常の生命保険以上の力を発揮します。

 

通常の生命保険では、契約に従って一定額が家族に残ることになりますが、団体信用生命保険の場合、今ある不動産が手に入る+今後もその不動産から家賃収入が得られる+もし不動産を売却した場合はまとまったお金を手に入れることができることになります。

 

かなりお得ですよね。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ