副業としてできる

副業としてできる

不動産賃貸業は、他人に雇われて収入を得るわけではないので、会社の副業規定にはあたりません。

 

もちろん、その企業ごとに副業規定の内容は違いますので、自分の会社の副業規定をしっかりと確認するようにはしてくださいね。

 

副業として不動産投資を行う場合には、確定申告の際に注意が必要です。

 

会社に副業として不動産投資をしていることを知られても良い場合は、特に問題ありませんが、もし不動産投資をしていることを知られたくない場合、そのままでいると住民税の額から会社に副業としての収入がかなりあることがばれてしまいますので、住民税を納付する方法を自分で納める形にしなければなりません。

 

住民税の納付方法を変更した時点で何かあると会社には思われてしまいますが、内容までは知られることはないので、会社に知られるのが嫌な人は住民税の納付方法を変更しておきましょう。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ