流動性リスク

流動性リスク

流動性とは、どのくらい現金化できるかを表したものです。

 

例えば、株などは平日売買を行っているため、売ろうと思った時にはすぐに売ることができます。

 

しかし、不動産の場合はまず仲介してくれる不動産会社を探し、そこからさらに自分が売りたい物件を買ってくれる人を探さなければ売ることができません。

 

このように、もしすぐに現金にしたいと思った時でも不動産は現金にしたい時にできる可能性が少なくなってしまいます。

 

ですので、不動産投資を行う際には、すぐに現金が必要な状況下では手を出さないことが前提になってきます。

 

また、売買をするたびに仲介手数料がかかったり、契約書の印紙代がかかったりと費用がかさみますので、できるだけ売買しない戦略を立てることです。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ