金利上昇リスク

金利上昇リスク

日本は現在、アベノミクスによってデフレを脱却し、インフレへと流れを進めています。

 

デフレ状況下では、物価が下がりお金の価値が高くなっていて金利も低い状態ですが、インフレが進むと物価が上がりお金の価値が低くなっていって金利もだんだんと高くなっていきます。

 

銀行から融資を受ける際、金利に関しては固定金利と変動金利がありますが、これからさらにインフレが進むと思われる状況では固定金利を選ぶほうが良いと思われます。

 

固定金利とは、契約時に決めた一定の金利をずっと適用するというものです。

 

変動金利とは、金融機関が定めた基準のレートが変化すると、それに伴って返済に適用される金利も変わるというものです。

 

例えば、デフレのときに変動金利で契約を結び、返済途中で金利が大きく上がった場合、返済額も多くなってしまいます。

 

金利上昇時には購入を避けるというのも、一つの手でしょう。

 

また、変動金利にする場合はある程度の金利上昇を見込んでおくことも必要です。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ