広告宣伝費

広告宣伝費

入居者を募集する際は、どこかの不動産会社に委託することになります。

 

その際、不動産会社に手数料としての広告宣伝費を1か月分は払うことになります。

 

これで不動産会社は部屋を探している人に対して、自分の部屋も紹介するようになってくれるわけですが、ここにちょっとした罠があります。

 

自分の部屋をより積極的に勧めてもらうために、広告宣伝費を2か月分、3か月分と積んでいく必要がでてくる可能性があります。

 

少しでも空室リスクを減らすため、できるだけ早く入居者がほしいところです。

 

不動産会社も、多くのお金をもらっているのだから頑張ろうという気になります。

 

よって、不動産会社に払うお金が多くなる場合もあるのです。

 

また、1つの不動産会社に依頼するのではなく、複数の不動産会社に依頼しようと思った場合でもそれだけ広告宣伝費がかさむことになります。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ