不動産購入時

不動産購入時

1.仲介手数料
これは、売買した時に不動産会社へ払う手数料です。
「購入価格の3%+6万円×消費税」(購入価格400万円以上の場合)となります。
3,000万円の物件を買った場合は、103万6,800円となります。

 

 

2.登記費用
不動産を購入した際は、所有権を売り主から買い主へと移転させる必要があり、それを登記で手続きする必要があります。
司法書士が登記を行ってくれますが、登記には登録免許税という税金がかかります。
また、司法書士への手数料もかかります。

 

 

3.不動産取得税
不動産購入後、半年後くらいに納付書が届くので納付します。
固定資産税評価額の4%になります。

 

 

4.印紙税
不動産売買契約書に貼付する収入印紙代です。
銀行から融資を受けて不動産を買う場合には、金銭消費貸借証書に貼る印紙代もかかります。

 

 

5.銀行事務手数料
銀行から融資を受ける際には、銀行に支払う手数料もあります。

 

 

6.固定資産税・都市計画税
通称、固都税と呼ばれるものですが、その年の1月1日時点で保有している不動産に毎年かかる税金です。
不動産購入時の決済日に、売り主と買い主がそれぞれ清算します。

 

 

7.火災保険
銀行で融資を受けて買う場合には、必ずといっていいほど加入が条件とされます。
万が一火災になった時に保険料が支払われるので、入っておくべきでしょう。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ