所有する目的は?

所有する目的は?

ここからは、実際に物件を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

 

 

まず、どのような物件を選ぶかということですが、あなたがどのような目的で不動産投資を行うのかで違ってきます。

 

不動産投資で大きく儲けたいという人であれば、高収益の物件を選ぶ必要があります。

 

また、安定した副収入を得たいという理由で投資を行う人もいるでしょう。

 

ここでは、目的別にどのような物件を選ぶのが良いのかを並べていきます。

 

 

まず、高収益を目指す方であれば、築年数が古くて郊外にある物件が当てはまります。

 

しかし、このような物件であれば空室リスクが高くなり、修繕費も負担が大きくなる可能性があります。

 

また、いざ売ろうと思った時になかなか売りにくいという難点もあります。

 

 

安定した副収入用の方であれば、都心や駅近の物件で家賃が相場に近い物件が良いでしょう。

 

このような物件は、なかなか売りに出ていないので入手しにくいという難点があります。

 

 

節税のために不動産を所有するという人であれば、築年数が古い区分マンションが当てはまります。

 

しかしここも空室リスクと修繕費の負担の可能性が高くなり、売りたい時に売りにくいという懸念点があります。

 

 

転売目的の人であれば、管理状況が悪くて空室が多い物件や設備が整っていない物件などが当てはまります。

 

このような物件をリフォームできれいにしてから売るのです。

 

他の目的より手間とコストはかかります。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ