物件の種類

物件の種類

マンションを買って投資しようと思った場合、マンションをまるごと1棟所有するのか、一部の部屋だけを所有する区分所有にするのかということが考えられます。

 

もちろん、1棟所有と区分所有とでは金額に大きな差があるので、自分の投資用資金がどの程度あるのかにもよります。

 

1棟所有のメリットとしては、自分で好きなような管理・運営ができること、土地ごと購入するため出口戦略の幅が広がること、部屋数が多いほど空室リスクの分散投資と考えられることなどがあります。

 

逆にデメリットとしては、災害や事件など不測の事態が起こった場合にリスクが高くなってしまうこと、自己資金が多く必要なこと、区分所有に比べて流動性が低くなること、管理に手間がかかることなどがあります。

 

区分所有に関しては、メリットとして管理が楽なこと、都心部で好立地なところの物件が所有しやすいこと、自己資金が少なくてもできること、流動性が比較的高いことなどがあります。

 

デメリットとしては、何か変更しようと思った時に他のオーナーとの話し合いが必要なこと、1室のみだと家賃収入は100%か0%で空室リスクが高いこと、修繕費の持ち出しが出る可能性があることなどです。

 

 

1棟と区分所有それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の目的や収支シミュレーションと照らし合わせてどちらにするか考えていく必要があります。

 

 

また、最近では一軒家に投資する人も増えてきています。

 

自分の目的に沿って選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ