建物の構造

建物の構造

建物には、大きく分けて、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造があります。

 

鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートが一番強度が強く、耐用年数も長いため、長持ちします。

 

融資を受ける際でも、木造や鉄骨造は老化しやすいので融資期間が短くなる傾向があります。

 

 

このような構造による違いを理解したうえで、新築か中古かを選ぶ必要があります。

 

ここにもメリット、デメリットがあります。

 

新築物件のメリットは、入居者が決まりやすいこと、修繕費がしばらく発生しないこと、銀行の評価が高くローンが組みやすいこと、最新の設備が整っていることがあげられます。

 

デメリットは、利回りが低くなりやすいこと、売り物件がなかなかないことなどがあります。

 

中古物件のメリットは、利回りが高い傾向があること、物件の状況が確認しやすいことなどがあります。

 

デメリットは、修繕リスクが高まること、融資が受けにくいこと、客付けが難しい可能性があることなどです。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ