不動産投資の今後の環境

不動産投資の今後の環境

日本は年々人口が減っており、少子高齢化が進んでいます。

 

不動産投資を行う人にとって、人口の推移は気にするべき1つの点です。

 

 

近年の晩婚化によって、単身世帯が増えていることや持ち家率が低くなっていること、都心部に人口が集中していることから、将来的には単身世帯の賃貸需要が増えると予測することができます。

 

また、若者の中には都心部に住んでいたが地方に移住するという動きもよく見られるようになってきました。

 

地方の古い物件でも、リフォームできれいにしたり設備を充実させたりする必要があると考えられます。

 

このように、将来の人口がどうなるのかの予測を立てたうえで物件を選ぶことも大切です。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ