2つの不動産投資

2つの不動産投資

不動産投資には、大きく分けて2つあります。

 

1つは、不動産そのものを所有し、そのまま貸し出すことで家賃収入を得る現物投資と呼ばれるものです。

 

こちらは、一般的に不動産投資といわれると想像するほうになると思います。

 

もう1つは、REITと呼ばれる不動産投資信託によって、配当を得るものになります。

 

REITは投資信託ですので、その投資信託を運用する投資法人が資金を集め、その資金を複数の不動産へ投資することによって分散投資をします。

 

投資信託の商品には、マンションだけに投資するものやオフィスビルだけに投資するものなどさまざまな種類がありますので、選択肢が数多くあります。

 

 

REITは現物投資よりも少額でできるため比較的始めやすい投資であり、公開された取引所で売買できるため、流動性が高いというメリットがあります。

 

ただ、現物投資では実際にどの物件に投資するかがわかりますが、REITではどの不動産に投資しているかは公開されないものもありますので、投資対象が明確ではありません。

 

また、投資信託なので、ビジネスとしては成り立ちません。もちろん、融資を受けてすることもできません。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ