相続対策としての不動産

相続対策としての不動産

節税効果を期待しての不動産所有は、相続の時にも役立ちます。

 

投資用で不動産を所有している場合、「小規模宅地等の評価減の特例」というものを適用することができます。

 

条件を満たすことができれば、土地の評価を最大で80%下げることができるというものです。

 

 

また、土地と建物の割合で評価を下げることもできます。

 

建物の割合が土地に対して大きければ大きいほど、財産としての評価額は低いとみなされます。

 

つまり、狭い土地に建物が高い物件であれば、相続税対策に役立つということです。

 

出口戦略として、所有し続けることを選ぶのであれば、このように相続のことについても考えておく必要があるでしょう。

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ