不動産の分散投資

不動産の分散投資

投資を行う際には、分散投資が基本になります。

 

1つダメになった時に全部ダメになってしまうような投資はするなということですね。

 

少しでも生き残る方法が必要になります。

 

 

不動産における分散投資は、用途、地域、築年数によって行うことができます。

 

用途ですが、マンションの他に商業店舗や駐車場などが考えられます。

 

また、地域は東京、大阪、福岡、海外など日本における分散と、海外にも視野を広げることも大切です。

 

災害や人口変化に柔軟に対応できるようにしておく必要があります。

 

築年数は、新築から築25年など自分が所有している複数の不動産で築年数が近くならないようにすることも分散投資といえます。

 

もし複数の不動産で築年数が近く、大規模修繕が同じ時期にやってきたとなると出費が大変なことになる可能性もあるからです。

 

 

何が起こっても必ず生き残れるように、分散投資を基本に購入計画を立てるようにしましょう。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ