代表的なFX用語

代表的なFX用語

・通貨単位
 売買する通貨の単位数。
 1万通貨単位の場合、アメリカなら1万ドル、ユーロ圏なら1万ユーロ、日本なら1万円。

 

 

・通貨ペア
 「ドル/円」「ユーロ/円」など、どの通貨でどの通貨を売買したかを表す。
 /の右側の通貨で/の左側の通貨を売買するということ。

 

 

・ロット
 通貨量の単位。
 通常、1ロット=10万通貨または1ロット=1万通貨と、証券会社によって異なる。
 1ロットで取引すると、1ロット=10万通貨では1銭の値動きで約1,000円の損益となり、1ロット=1万通貨では約100円の損益となる。

 

 

・pips(ピップス)
 FXにおける、最小単位。
 日本円では1銭=1pips   1円=100pipsとなる。

 

 

・Ask
 業者が提示している売値。

 

 

・Bid
 業者が提示している買値。

 

 

・スプレッド
 AskとBidの差で、業者が得る利益。

 

 

・ポジション
 買ったり売ったりした通貨のうち、未決済状態のもの。
 つまり、買った時にはまだ売っていない状態、売った時にはまだ買っていない状態で、利益も損失も確定していない状態。

 

 

・指値注文 逆指値注文
 指値注文は、ここまで利益が出たら決済する、という指定ができる注文。
 逆指値注文は、ここまで損失が出たら決済する、という指定ができる注文。

 

 

・レバレッジ
 自分が口座に入金した以上のお金を動かすこと。
 多くの業者では、入金しているお金では足りなくなりそうになると強制的に決済する仕組みがあるため、再起不能になるほどの損失を受ける可能性は低くなっている。(マージンコールと呼ばれる通知あり)
 レバレッジをかけるには、証拠金という最低限必要な担保金が必要となる。

 

 

・ロング ショート
 ロング=買いポジションをもつこと
 ショート=売りポジションをもつこと

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ