投資信託の種類@

投資信託の種類@

毎月積立することを決めたら、次はどんな商品を買うかを考えましょう。

 

毎月いくら積み立てるかも決めてくださいね。

 

まず、商品の基本からご説明します。

 

投資信託には、「販売会社」「運用会社」「受託会社」の3つの会社が関わっています。

 

投資信託を運用するときは、これらの会社への手数料的なものが発生することを頭に入れておいてください。

 

投資信託は、インデックスファンドとアクティブファンドという運用方法に分類することができます。

 

インデックスファンドは、市場そのものを保有し、原則銘柄の売買を行いません。

 

アクティブファンドは、「投資信託とは?」の記事でご紹介した通り、ファンドマネージャーと呼ばれるプロが銘柄の売買を行い、市場の平均値を上回る収益を目指し
て運用します。

 

市場の平均値を上回る収益を目指してはいますが、実際のところはその成果が出ないことがほとんどです。

 

そして、アクティブファンドではそれだけの手間がかかっているため、手数料が高くなり、その手数料分以上の成果も出してもらわないといけないですから、かなり状況は厳しいです。

 

なので、ここではアクティブファンドではなく、インデックスファンドを買うことをお勧めします。

 

 

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ