投資信託の種類A

投資信託の種類A

投資信託には3つの会社が関わっているというお話をしましたが、その手数料的なものの中の1つに、購入時に手数料がかかるものがあります。

 

投資信託を買うたびに払わなければいけない手数料になります。

 

この手数料がかからない投資信託があり、ノーロードファンドというものがあります。

 

ノーロードファンドとは、購入時に申込み手数料がかからない投資信託のことをいいます。

 

毎月積み立てしていくのに、毎月購入するときに手数料がかかっていたら、それだけで利益が減ってしまいますよね。

 

投資信託を毎月積み立てしていくうえで非常に重要なポイントが、「いかにコストを削減するか」にかかっています。

 

アクティブファンドもそうですが、手数料がかかるだけで利益を出すことがかなりしんどくなってきます。

 

投資信託の商品を選ぶときには、インデックスファンドかつノーロードファンドを選びましょう。

 

なお、投資信託の商品には非常に多くの種類がありますが、ブルとかベアとか初心者にはよくわからないようなものも数多くあります。

 

 

このサイトでは基本をご紹介していますので、誰もがわかりやすい商品をご紹介していきますが、もっと詳しく勉強したいという方は様々な投資信託の商品を見てみると良いでしょう。

 

 

 

また、株のところでもご紹介しましたが、投資信託を売買するには証券会社に口座を開く必要があります。

 

証券会社は、ネット証券をお勧めします。そして、NISA口座を開いてください。

 

通常であれば利益が出たときにその利益に対して20%の税金がかかってきますが、NISA口座では非課税にできるため、利益がまるごと自分のものになります。

 

今ある有名なネット証券では、扱っている投資信託の種類も豊富で、選択肢に困らないと思いますので、ぜひネット証券でNISA口座を開設してスタートしていただくことをお勧めします。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ