投資信託の組み合わせ方の注意点@

投資信託の組み合わせ方の注意点@

ポートフォリオを組むときにいくつか考えていただきたいことがあります。

 

まず第一に、各分類におけるリスクについてです。

 

ここでいうリスクとは、値動きのことです。

 

リスク=値動き

 

値動きが激しいとリスクが大きいということになります。

 

一番安全商品は「債券」になります。

 

債券は一番安全な代わりにほとんど値動きがなく、増えにくいものでもあります。

 

預金の次に安全なものと考えていただいて良いでしょう。

 

次に安全なのは「日本株式」です。

 

「日経225」や「TOPIX」を選ぶと、よく日経平均株価がニュースで伝えられていますが、それと連動したような値動きになるので、初心者にはとてもわかりやすい商品になっています。

 

日本株式の次にくるのが先進国株式です。

 

日本株式と同じような感じですが、一応海外ということで、日本よりリスクは少しだけ高くなるでしょう。

 

もっともリスクがあるのが新興国株式です。

 

新興国というのは、発展途上国のことですので、日々の動きやこれからどうなるのかが非常に不安定です。

 

ですので、値動きが激しくリスクが高くなります。

 

債券であっても、新興国のものは日本や先進国のものに比べてかなりリスクが高くなるでしょう。

 

なお、リートというのは不動産のことです。

 

こちらも普通の株式のものに比べるとリスクが高くなります。

 

これらをまず最初に頭にいれておく必要があります。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ