投資信託の積立中のリバランス

投資信託の積立中のリバランス

独自のポートフォリオを組み、毎月積立を始めたあなたには注意してもらいたいことがあります。

 

積み立てを行っていくにあたって、毎月入金さえすればと言いましたが、

 

年に1回でいいので中身を見ていただきたいのです。

 

例えば、あなたが2つの商品を買うことにして、毎月5万円ずつ買っていったとします。

 

すると、1年後には60万円ずつ積み立てたことになります。

 

しかし、実際にはその商品に値動きがあり、利益が出るなどしてバランスが崩れてきています。

 

これが66万円と62万円になっていたとすると、最初計画したのは50%ずつなのにこれでは51.5%と48.5%という割合になってしまっています。

 

そこで、もとの50%ずつになるように調整していただきたいのです。

 

上記の例でいくと、66万円のうち2万円を売却して、62万円になった商品を2万円追加で買っていただきたいのです。

 

すると、64万円ずつになり、50%ずつにすることができます。

 

このような作業を、リバランスと言います。

 

もちろん、実際にはこのようなきれいな数字にはならないし、買っている商品の数が多いほど難しくなるので最初と全く同じにすることはなかなかできませんが、できるだ
け近づけていただき、リスク許容度がズレてしまわないようにしていただく必要があります。

 

もしリバランスを行わずにそのまま積み立てだけしていくと、最初にとれると思っていたリスクを超えてしまい、自身の投資計画が崩れる可能性があります。

 

ですので、定期的に見直し、リバランスを行うようにしてください。

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ