五行とは?

五行とは?

この世界に存在するものは、「木・火・土・金・水」という5つの要素で成り立っているとされています。

 

五行は、中国の易や漢方医学においても重要視され、あらゆる事象の代表的な考え方であるといえるでしょう。

 

「木が燃えて火を生む(=木→火) → 火で燃やすと灰(土)を生む(=火→土) → 土から金が生まれる (=土→金)→ 金を冷やすと水が生まれる(=金→水) → 水が木を育てる(=水→木)」というように、木→火→土→金→水→木…というサイクルができています。
これは、「相生」と呼ばれ、良い循環を表します。
木は火の、火は土の、土は金の、金は水の、水は木の力を強くする元となるのです。

 

風水では、この良い循環をうまく使ってより暮らしやすい環境を作ることを目指します。

 

 

 

五行とは?

スポンサードリンク

HOME 通信講座 メール鑑定 プロフィール お問い合わせ